« ニュルンベルクトイフェア講評(3) | トップページ | ニュルンベルクトイフェア講評(5) »

ニュルンベルクトイフェア講評(4)

ちょっと一休みして、まとめてその他大勢をレポート。

■イタレリ

テストショットなどの展示は無かったものの、カタログリストをパネル展示。純粋な新発表は、1/35のアーキリーズだろうか。1/35の水物も堅調なようだ。

Italeri_04_of_43

■マスターボックス

既発表アイテムを展示しただけのようだ。白状すると、フィギュアキットの成型品は、どれがお初にお目見えした製品なのか、はっきりわからなくなってしまった。それより、ベンツ170Vはマダー?

■ICM

こちらも新発表は無かった模様。スチュードベーカーに続いての新キットに期待したい。

■ドイツレベル

現用のマーダーやウィーゼルの派生型を展示。既発品のパーツ追加と思われ、完全新金型の新製品の発表はなかった模様。以前より現用アイテムを拡充してきた孤高のメーカーだが、最近は各社が現用アイテムにも手を出すようになって来たせいか、ペースダウン気味?

■ブラチモデル

高品質を謳われるガレージキットメーカー。イタリア軍のトラックとはこれまたスゴイ隙間を狙っている。ドイツ軍試作車両にも手を出し始めた模様。イタリア物よりも売れるかも?

20050101_000

■ズベズダ

こちらも大物は無かったようだが、地味に冬季装備のドイツ兵フィギュアセットが展示されたようだ。

20100204_000_2

|

« ニュルンベルクトイフェア講評(3) | トップページ | ニュルンベルクトイフェア講評(5) »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニュルンベルクトイフェア講評(3) | トップページ | ニュルンベルクトイフェア講評(5) »