« ニュルンベルクトイフェア講評(1) | トップページ | ニュルンベルクトイフェア講評(3) »

ニュルンベルクトイフェア講評(2)

■IBGモデルズ

タミヤの次はいきなりココで。というか、インパクトと応援の意味でも嬉しい発表のひとつ。

先般、他メーカー被りまくりのバイクアイテムBMW R-12を発表して出だしから埋没してまった薄幸のメーカー:ポーランドのIBGモデルズから、かねてより予告していた「1/35アインハイツディーゼル」がいよいよ発売間近になったようだ。1/72ではキットがあったのだが、1/35ではもちろん初キット化。

20100205_002

20100205_003

通常のトラック型と無線車両型が出るようだ。既にテストショット?も出ているし、細かく分割されたパーツも展示されていたようだ。

20100205_004

一方、イギリスのベッドフォードやシボレーのトラックやポルスキーフィアット乗用車もパネル予告されていたが、これらは1/72のようだ。

20100205_000_2

20100205_001_2

いずれにしても、こういったソフトスキンが充実してくるのは嬉しい限り。大手メーカーも潰し合いをするより、小粒でもピリリと辛いこういったソフトスキンを開発してもらいたいものだ(…無理か)

|

« ニュルンベルクトイフェア講評(1) | トップページ | ニュルンベルクトイフェア講評(3) »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニュルンベルクトイフェア講評(1) | トップページ | ニュルンベルクトイフェア講評(3) »