« 年末を控え | トップページ | ニュルンベルクトイフェア講評(1) »

ミニアートからバレンタイン

ミニアートの新製品。

35092

イギリス戦車ブームが止まらない…。

いきなりレンドリース仕様なのがこのメーカーらしい。当時レンドリースされたバレンタインの4割は、本国イギリス製ではなくカナダで製造された個体で、こちらは鋳造製の車体前部(後に本家イギリス製バレンタインにも採用)などの特徴があって面白いので、こちらもキット化してもらいたいものだ。カナダ製バレンタインは、生産された全数がレンドリースでソ連に送られたようで、現存する個体はソ連で引き揚げられた1輌があるのみ。これはカナダに返還されて、オタワにある戦争博物館で展示されているとのこと。久しく、ネット上でこの個体のウォークアラウンドを探しているのだが、まとまったものはなかなか見つからないなぁ。

|

« 年末を控え | トップページ | ニュルンベルクトイフェア講評(1) »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年末を控え | トップページ | ニュルンベルクトイフェア講評(1) »