« 新旧記念撮影 | トップページ | ブロンコからマチルダ用可動履帯 »

不要パーツのチェック

余ったパーツをチェック。

20090818_006

■後期用の低姿勢キューポラ

Cimg8493

■低姿勢キューポラのサイドに取り付ける小フック。キットのキューポラの組み立て時に合わせ目を消すためには、キットのキューポラに一体で成型された小フックを削り取って、成型後にこちらのパーツを取り付けることもできそう。

20090818_012

■別バージョンの2ポンド砲身(左)とCS用の3インチ砲身(右)

20090818_008

■後期で砲塔上に設置されることになるNo19無線機用アンテナポスト2種。なかなか渋い余りパーツ。

Cimg8492

■最後までわからなかった謎のパーツ2つ。キットの表面に取り付けるパーツではなく、回転軸などの内部の可動機構に使われそうに見えなくもない。まさかのモーターライズ仕様発売ってなわけではないだろうしなぁ…

|

« 新旧記念撮影 | トップページ | ブロンコからマチルダ用可動履帯 »

タミヤ 1/35 Mk.II マチルダ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、素晴らしいディテールアップですね~。
参考にさせていただいております。(私の方は新マチルダを作成しておりますが。)
新マチルダの余りパーツは良いですね。オーストラリアのCSを作りたくなっちゃいます。
装甲フェンダーカバーを作る自信は無いですが・・。

さて、謎のパーツですが・・・、
円盤状の方はネジ(ナット)のフタではないですか?
車体内部の底にナットのモールドがあってそこにかぶせるのに丁度良いかと・・・。
筒状の方は下に出すネジのカバーかな?ちょっと長いようですが・・・。

考証的な話でも何でもなくすみませんでした。

投稿: しみず@あしからず! | 2009/09/06 18:46

しみず@あしからず!さま
はじめまして。当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。HP拝見しましたが多作&多様な作品群で素晴らしいですね。

謎パーツは六角ボルトのフタですか!なるほど。拙作はプラ板でフタをしてしまったので確認できませんでしたが、ボルトスペースも2箇所ですので、納得できます。それならそうと組説に書いて欲しいですよね。

オーストラリアのCSは魅力的です。装甲フェンダーカバーは、MRのキットに入っていたのが手元で余っていますが、旧番用のパーツなので新作には使えないかもしれません。いずれ、どこかから改造キットが現れるか、本家タミヤから出るかもしれませんよ!?

投稿: 生命体9537 | 2009/09/06 20:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新旧記念撮影 | トップページ | ブロンコからマチルダ用可動履帯 »