« タスカの1/24II号戦車 | トップページ | ICMのスチュードベーカーUS6カチューシャ »

マイクロスケールデザイン の正体判明?

以前にT-34-85の1943年型砲塔のインジェクションキット発売を取り上げたロシアの新興メーカ?『マイクロスケールデザイン』の情報を久々に漁ってみたところ…

744586610
をを! こんなものがっ!!

砲塔だけではなく、車体も含めたフルキットを発売するのか!?
というか、彼の地では既に発売されているのか?

090920202930_uztm
さらにさらに、フォルモチカ砲塔キット(キューポラもついてるゾ!)まで!

最近ドラゴンからも出ちゃたっけど、この勢いとアイテム選択はスゴイゾ!

こっちも車体も含めたフルキットも開発なのかっっ!?

ううん? 待てよ。 どことなく違和感がある…?

Make1

パッケージの端にあるマークって、どっかで見たような気が…

Make2

マケット?

これって、最近のマケットのパッケージについている統一マークではないのか。

Mq3512

↑↑↑↑ コレコレ

止めの一撃。マイクロスケールデザインを謳ったこんなキットまで出てきたよ…

Ac123231921ff98018d8e38f64af2e47

この↓マケットのキットそのまんまじゃん…

Maquette3504

つーっことはだな。

少なくとも、件のT-34フルキットの車体パーツは間違いなくマケット製。まず間違いないでしょ。想像をたくましくすれば、結局この『マイクロスケールデザイン』というのは、マケットの別働隊?別会社?会社名変えて再出発?ということなのだろうか。いや、きっとこのうちのどれかなんだろうな。

一気にしぼむ期待感。。。。。。......

|

« タスカの1/24II号戦車 | トップページ | ICMのスチュードベーカーUS6カチューシャ »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タスカの1/24II号戦車 | トップページ | ICMのスチュードベーカーUS6カチューシャ »