« Firestormのマチルダ改造キット | トップページ | マイクロスケールデザイン の正体判明? »

タスカの1/24II号戦車

800pxpanzerkampfwagen_ii_ausf_ac
タスカから公式アナウンス。ここのところティザー広告を展開してきた新製品は1/24のII号戦車とのことだ。

まずは1/24というサイズを検証してみた。

II号戦車は
 1/35では、全長 137mm 全幅 63mm 全高 57mm
 1/24では、全長 200mm 全幅 93mm 全高 83mm
となる。

タスカがキット化しているシャーマンは、
 1/35で、全長 177mm 全幅 75mm 全高 76mm
であり、1/24のII号戦車より一回り小さい。

しかし、ティーガーIIは、
 1/35で、全長 207mm 全幅 107mm 全高 88mm
レオパルト2は、
 1/35で、全長 227mm 全幅 107mm 全高 80mm
となり、ほぼ対等のサイズになる。

よって、1/24というスケール表示だけ見ると巨大感があるけど、実際の完成品のサイズは、それほど大きくは無いという結論になる。ただし、見慣れたパーツ類が大きくなることには、感覚的な違和感を感じるとは思う。

しかしながら、申し訳ないけれども、1/35でない以上、よほど魅力的なアイテムで無い限り買うつもりはない。

1/24ならではの再現度を謳っているけど、タスカならば1/35でも高い精度で製品化してきたんだから、スケールを大きくして再現度を主張しても『逃げ』ととられる危険性すらあるのではないか。ドラゴンなど海外勢との消耗戦から一線を画する意味はあるかもしれないけど、1/35に割ける開発リソース、資金リソースがこちらに充てられていると思うと、残念ですらある。

|

« Firestormのマチルダ改造キット | トップページ | マイクロスケールデザイン の正体判明? »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Firestormのマチルダ改造キット | トップページ | マイクロスケールデザイン の正体判明? »