« アマモ8月号 | トップページ | 古フリウル »

今後の制作方針(というほど大げさなものではないけどね)

とりあえず、おおまかなスケジュールを立ててみた。

一台・一台仕上げていくのもいいけど、年間スケジュールを作って、平行作業とかしてもいいかなぁと、以前から考えていた。エアブラシ作業とか、まとめてやったほうが準備・後始末が楽だしね。

相当前になるけど、東京で私設模型戦車博物館をやっているS氏に、大量制作の秘訣を聞いたことがある。彼のスタイルは、夏冬はひたすら制作し、春秋の気候の良い時期にまとめて塗装するというものだった。

正直、聞いた当時は、まとめて塗装すると作品の仕上げが単調にならないのかなぁ、と半信半疑で実行には移せなかった。当時は、春と秋の大学の学園祭向けで制作するのが主で、年間を通してスケジューリングするなど、思いもよらない生活スタイルでもあったし。

が、社会人になってみて、制作のテンポやリズム、モティベーションを維持するためには、そういう方法もいいのかなぁ、と思い直した次第。

ということで、私の模型制作の年間スケジュールとしては、4~6月と、9~11月を塗装中心にしようと決めてみた。

塗装期間中も、制作に平行して塗装しなければならないアイテムには手を付けていくことにする。そう考えると、当面の制作スケジュールが決まってくるような。


9月に暑さが一段落する頃までに完成品をいくつ揃えられるか、これから手元の仕掛かり品と在庫の山と相談していくことにしよう…

 

|

« アマモ8月号 | トップページ | 古フリウル »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アマモ8月号 | トップページ | 古フリウル »